土地や中古物件で注意すべき都市計画等

土地もしくは中古の一戸建てを購入する時は、用途地域や地目、都市計画等の区分に着目することが必須です。新築であれば、このような区分で問題になることはまずありませんが、築年数の古い中古住宅や土地では、新たに建築ができない地域となっていることも少なくありません。まずは都市計画ですが、市街化区域、市街化調整区域があります。市街化調整区域とは、行政が市街化を抑制している地域であり、基本的に新たに建物を建てられない土地です。しかし行政によっては申請し、許可を得られれば建てられることもあります。都市部の不動産しか扱ったことがない不動産業者や仲介業者であれば、市街化調整区域についてほとんど知らないことがあります。知らずに購入すると後悔することになりかねませんので、市街化調整区域について詳しい仲介業者を選ぶのが良いでしょう。質問してろくに答えられないようなら、知識がないと判断し、少なくともその会社を通して買うのは止めたほうがよろしいでしょう。また農地は農業用の土地として守られていますので、勝手に住宅を建てたりすることはできません。田んぼの所有者が勝手に埋め立てて駐車場にすることもできません。農地に家を建てる場合にも許可が必要です。

軽井沢 不動産 りんご 長野は東園にお越しください。 3041 6/4

Copyright ©All rights reserved.土地や中古物件で注意すべき都市計画等.